previous arrow
next arrow
Slider

痛みが起こる仕組み - BLOG

こんばんは!

八王子院の西濱です!

今日は痛みや症状が起こる仕組みについてお話しします。

痛みと言っても色々あるので、凝りによる痛みのお話をします!

身体には痛みを感じさせる物質【発痛物質】と言うものがあります。

この発痛物質が筋膜などの癒着【凝り】の中に閉じ込められます。

また筋膜などには痛みを感じるセンサー【侵害受容器】がついており、このセンサーを刺激し続ける事によって脳に【痛いという信号】が伝わるようになります。

この信号が入り続けると意識の中に痛みを感じるほどになります。

完結に言うと【センサーが過敏になる】ということです。

【発痛物質が筋膜などの癒着に閉じ込められられる】→【痛みを感じるセンサーを刺激し続ける】→【センサーが過敏になり痛みを感じてくる】

少し難しいですが、痛みを感じるまではいろんな道のりを経て感じています。

またこの話から治療すべき場所とは筋膜などの癒着と分かります。

筋膜などの癒着に小さな傷をつけてあげることで、閉じ込められていた発痛物質が抜けセンサーを刺激しなくなるのです。

そうすれば痛みは消失します。

今度YouTubeにてイラストを使って動画で説明することに挑戦してみます!

痛みしびれでお悩みの方はご相談ください。

鍼灸師の方へ

【鍼灸】と【エコー】を学びたい方

当院所属の鍼灸協会

~ 日本超音波鍼灸協会(JAU)~

https://www.jau-japan.or.jp

東京都八王子市明神町4-7-5 シティレジデンス503

カテゴリ

  • カテゴリーなし
電話をする
LINEする
お問い合わせ
Web予約する
Instagram
Facebook
問診表ダウンロード
あきるの野院
拝島院
頸(首)の症状でお悩みの方
肩の症状でお悩みの方
背中の症状でお悩みの方
腰の症状でお悩みの方
膝の症状でお悩みの方
鍼灸院まごのて堂 八王子院の口コミ・感想をもっと見る