previous arrow
next arrow
Slider

腰の症状でお悩みの方へ

 

当院には上記の様な辛く、頑固な症状をお持ちの患者様が多数ご来院されています。

当院が行う鍼施術の最大の特徴として、『日々悩む痛みの原因を見つけ』 その上で施術を開始していきます。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、多く腰に症状をお持ちの患者様でも、根拠に基づいた 『問診』や『触診』・『動きの検査』し、最終観察として超音波エコーで患部を映し出していくことで、患者様を日頃苦しむ症状の原因を 多く把握することが可能になっています。

原因の約80%を絞り込む『カウンセリング』

原因となる部位を絞り込んでいく上で、 高い比重を占めるのが この『カウンセリング』。

『日常的に辛い時間帯は?動きは?』 『症状が楽になる姿勢は?』筋肉が出す痛みの特性として『関連痛』と呼ばれる痛み方があり、図の様に本人が感じている部位とは別の場所に、痛みを感じる事は珍しくないのです。

患者様が感じていることに対してのお話や解剖学的に見た動きの検査から高度な医療知識を用いて、本来施術を行わなければいけない原因部位を見つけていきます。

また初めてのご来院には『不安』や『緊張感』等、何かと心配な部分があるかと存じますが、いらっしゃいます患者様に少しでもリラックスして 頂ける様に施術家一人一人が『最高のスマイル』で施術にあたらせて 頂きますので、よろしくお願い致します。



研ぎ澄まされた触診力で『痛みの原因を捕らえる』

患者様のお話を聞き、動きで絞り込んだ 症状の原因を、『触診』でさらに細かく絞っていきます。

エコー導入前まで、まごのて堂が症状の原因を絞る際には、高い比重を触診に委ねてきました。故に触診に対しての技術は、スタッフ全員が非常に高い精度を持ち合わせています。

症状の原因を絞り込んでいく触診でとても大切なのは、 施術に対しての『患者様の感じ方・反応』です。 具体的には原因となっている部位を直接触り、痛みを感じる場所を探していきます。

の際に『悪いところにあたっている』『効いている感じがする』 『それだ!痛いのはそれです!』などと感じるポイントは 痛みを起こしている、異常をきたしていることが多くあります。 下記の様な評価を元に触診を行ない、状態を把握していきます。

エコーで原因の『深さ』を見極め、病態把握をより正確に。

『日常生活から把握するカウンセリング』『細かな動作検査』 『原因を探索する触診』を行なった後、『エコー』で症状の原因として見つけ出した『部位』や『深さ』を エコー画面に映し出し『可視化』していきます。

超音波エコーでは、身体の組織を多く把握することができ、特に私たちまごのて堂が確認すべきはぶいとして、筋肉、骨、靭帯、神経、血管等があります。このような部位を主に確認していくのですが、エコー画像は、容易に確認することはとても困難を要します。

患者様のお身体の状態を正確に把握するには専門的な医療知識が必ず必要になってきます。当院施術家は『一般社団法人 日本超音波鍼灸協会(JAU)』に所属する、 『エコー』と『鍼施術』のプロフェッショナル。 患者様の為に、エコーによる観察をしっかりと行ってまいります!

エコーの機能上、わかりやすく説明すると固い組織は『白色に画面に』 柔らかい組織は『黒く画面に』 映し出されます。

筋肉(柔らかい組織なので黒くに画面に映し出されます)の中にあるコリ(硬い組織なので白色に画面に映し出されます)が 観察できる事でより精度の高い施術が行えます。

また背部の筋肉の下には、『肺』 が存在しており、施術を行う上で、非常に危険が伴う部位となります。

もし誤って肺に針が刺さってしまうと、『気胸』と言う、鍼灸院で最も多い医療事故が発生してしまいます。そうした事を最大限予防出来るのが【超音波エコー】エコーを導入する事で危険性は大幅に低くなります。

施術者のスキルにより見つけ出した原因部位を『エコー』で観察することで、 『施術者本人だけの感覚』だけでなく、『エコー画面に映し出された画像による評価』も 可能になり、『患者様の一人ひとり違った身体』をより的確に 『痛みの本当の原因を絞り込むこと』ができます。

また私たち鍼灸師が施術を行って良いの鑑別も可能で、もしも鍼施術により身体に不都合が起こる可能性がある、つまり『鍼施術をしてはならない』場合は、その患者様に合わせ、適切な医療機関へとご案内致します。 エコーは『痛みを起こす原因を絞り込み、実際にどのようになっているかを観察する』ことはもちろん、 『安全面』に関しても非常に優れており、施術している鍼も実際に映し出しながら施術出来るので、より安心して施術を受ける事ができます。


絞り込んだ『原因』に『鍼』を用いて最善の施術を施す。

いよいよ上記の内容で絞り込んできた原因に対して鍼施術を行っていきます。

患者様に使っていく鍼の本数は規定量20本となっています。

悪くなった部位(筋肉)つ まりエコーで白くエコー画面に映っている部分に対して『鍼』で 直接アプローチしていきます。

皮膚の上からの施術となるマッサージと違い、鍼で直接患者様が痛めている部位(エコー画面上で白くなる箇所)を施術出来るので、鍼の効果に上乗せして効果的 です。

当院で使用する鍼は裁縫なので使用する『刺繍針』や献血などで使用する『注射針』と違いとて も細い設計となっています。

鍼灸で使う鍼の太さは、最も細いものでは、夏に飛んでいる蚊と同じぐらいの鍼の太さとなっています。

蚊に刺されて痛いと感じることはとても少ないのではないかと思います。

患者様の感受性に合わせる為に、当院の鍼の種類は豊富に揃えております。そして、一回使用した鍼は、使用することなく廃棄するため、感染症の心配はございません。

鍼を患者様に合わせた本数を打ち終えたら、10~ 15分ほど施術をした患部を鍼を刺したまま赤外 線ライト当て温めます。こうして鍼を置くことにより、施術効果はより高まります。

東京都八王子市明神町4-7-5 シティレジデンス503
電話をする
LINEする
お問い合わせ
Web予約する
Instagram
Facebook
問診表ダウンロード
あきるの野院
拝島院
頸(首)の症状でお悩みの方
肩の症状でお悩みの方
背中の症状でお悩みの方
腰の症状でお悩みの方
膝の症状でお悩みの方
鍼灸院まごのて堂 八王子院の口コミ・感想をもっと見る