previous arrow
next arrow
Slider

膝の症状でお悩みの方へ

 

当院には上記の様な辛く、苦しい症状をお持ちの患者様がご来院されています。

当院の鍼施術の大きな特徴として、『症状の大元を探し出し』 その上で施術を行います。

諦めていた膝の症状をお持ちの患者様でも、根拠に基づいた 『カウンセリング(問診)』や『原因部位を把握する触診』・『痛みの発生する動きの検査』を行い、最後に超音波エコーを用いる事により、患者様を困らせる症状の原因の多くの情報を把握することが可能です。

原因の約80%を絞り込む『カウンセリング』

痛みの原因を絞り込んでいく上で、 とても大きい比重を占めるのが この『カウンセリング』。 痛みはどうすると楽?どの姿勢が辛い?どんなストレッチが効いている?

筋肉の痛みの特徴には『関連痛』と呼ばれるものがあり、図の様に患者様が普段感じている原因とは別の場所に、鈍痛や鋭痛、様々な痛みを感じる事は少なくないのです。

患者様が日頃どのように過ごされているかのお話や日常生活で痛みを感じる動きの検査から多くの医療知識を用いて、原因を探っていきます。

また当院に初めてのいらっしゃる方には『緊張感』や『不安感』等、そういったことが多いかと存じます。私たち鍼灸院まごのて堂では、患者様にリラックスして施術を受けて頂けるよう、最高のスマイルでご対応させて頂きます。

研ぎ澄まされた触診力で『痛みの原因を捕らえる』

患者様のお話をお聞きし、動きで絞り込んだ後は、絞り込んだ 症状の根本原因を、『触診』でさらに細かく細分化していきます。

まごのて堂 では、エコーを使用する前までは、症状の原因を突き止めていく上で、1番力を入れてきたのが触診 でした。その過去の状況下から触診に対しての技術は、施術家全員がハイレベルな精度を誇っています。

膝痛の原因を探っていく触診の中で大切なのは、 『患者様の感じる反応』です。 具体的には患者様の膝の痛みとして原因になっている部位を直接触り、膝の痛みを感じる場所を探していきます。 その際に『痛いが気持ち良さがある』『ズーンと重く響く』 『そこだ!膝の痛いのはそれだ!』などと感じる身体の部位は 何かしらの異常が発生していることが多くあります。 下記の様な患者様の感覚を大切にする評価を元に触診を行なっていくのです。

エコーで原因の『深さ』を見極め、病態把握をより正確に。

『患者様のお話』『動きの検査』 『実際に痛み部位を触っていく』ことを行なった後、『エコー』で痛みを感じる膝痛の根本原因である 『ポイント』や『どのくらいの深さに目的とするものが存在する』かを 『画像化』していきます。

エコーでは『筋肉』『骨』『靭帯』『神経』『血管』等を施術者は観察していく部位に存在しているものを見分けていきます。

エコー画面に映し出される画像を1からしっかり把握していくには、多く専門的な医学知識が必要となってまいります。

当院施術家は『一般社団法人 日本超音波鍼灸協会』超音波エコーのプロ集団に所属しているため、 『エコー』と『鍼施術』を合わせた施術を患者様の為、しっかりと行ってまいります。

エコーが画面に映し出す画像は、白と黒となっています。

固く、音波の跳ね返りが強いものを『白』 柔らかく、音波の跳ね返りが弱いものを『黒』 に映し出します。

筋肉は音波の跳ね返りが弱いため黒く、そしてその内部にあるコリの部分に関しては、音波の跳ね返りが強くなるため白く確認する事ができ、そのことからより正確な施術が行うことが可能になるのです。また背中を施術際に気をつけなければならないのは『肺』 です。

容易に鍼が届く深さに存在しており、 肺へ針が刺さることで起こる事故を『気胸(ききょう)』と言います。

鍼灸院で多く発生しやすい医療事故であり、そのような事故を起こさないようにする施術が、エコーを使用する事により可能となったのです。

『問診・動作検査・触診』+『画像による観察』により、 『施術者だけの感覚世界』から『見える化による評価』も 可能になり、『十人十色な患者様の身体』からより的確に 『膝痛の原因を見つけ出すこと』ができます。

また鍼施術を進めていく上で、私たちが施術を行なって良いのか、それとも良くないのかも観察することができ、『鍼灸施術不適応』の状況であれば、患者様に合った適切な医療機関へと当院がご案内致します。

エコーは『膝痛の根本原因を絞り込み、実際にどのようになっているかを確認していく』ことはもちろん、 『安全性』に関しても非常に強く、施術している鍼もえこーごめに映し出し観察出来るので、より安心・安全に施術を受けることができます。


絞り込んだ『原因』に『鍼』を用いて最善の施術を施す。

いよいよ絞り込んだ膝痛の原因に対して鍼施術を行なっていきます。

一人の患者様に使用する鍼の本数は、通常施術であれば規定量20本で、悪くなってしまった筋肉、つ まり超音波エコーで映し出した画像上で『白く』なる部分に対して、直接鍼施術をしていきます。 皮膚上からマッサージ施術と違う所として、鍼で直接患部 (白色に映っているところ)を施術することが可能ですので、より効果的となります。

当院で使用する鍼は皆様が想像している縫い物で使う『刺繍針』や病院で使用している『注射針』と違いとて も細く設計されています。

実際に病院で使用される注射針の太さは約0.4mm~ 1.2mm、 私たち鍼灸院まごのて堂で使用する鍼の太さは0.1mm~0.25mmです。 例えてみれば、夏に飛んでいる蚊刺されて痛みを感じないように、当院で使用する鍼は、最も細い針で、蚊の針ほど細いものを用意しております。

針にも様々な種類が存在しており、太くなったとしても髪の毛ほどの太さとなっています。患者様の情報・容態・感受性に合わせた鍼選択をしていきます。そして一度使った鍼は廃棄し、新たな鍼を使用していきますので、感染症の心配はございません。

鍼が打ち終わった時点で、10~ 15分ほど幹部に鍼を刺したまま、当てた部位を温める赤外 線ライトを局所に当て、温めます。 こおすることにより、鍼の効果をさらに強めて、患者様の症状の改善をより促進させます。

東京都八王子市明神町4-7-5 シティレジデンス503
電話をする
LINEする
お問い合わせ
Web予約する
Instagram
Facebook
問診表ダウンロード
あきるの野院
拝島院
頸(首)の症状でお悩みの方
肩の症状でお悩みの方
背中の症状でお悩みの方
腰の症状でお悩みの方
膝の症状でお悩みの方
鍼灸院まごのて堂 八王子院の口コミ・感想をもっと見る